NIKKOとGMOクリエイターズネットワークのバナー広告の最適化ソリューション「勝ちバナー」

バナー広告制作のアドネットワークですが、
弊社が行っている、みんなで作るバナー制作 GROUP CREATE(グループクリエイト)と別に、

株式会社リクルートがやっている、みんなのクリエイティブエージェンシー:C-teamと、
モバイルバナー専門の株式会社ドリコムがやっている、集めてバナーナと、

今回、紹介させていただく、2010年6月7日から開始したサービスで、
・NIKKOのWebサイト http://www.koukoku.jp/
・GMOクリエイターズネットワークのWebサイト http://www.gmo-cn.jp/

の2社で行われている、
バナー広告効果最適化ソリューション「勝ちバナー」」というサービスがあります。

他のサービスよりも、料金形態が明確で

 基本料金はバナー30本を制作する「プラン30」が31万5000円、同60本を制作する「プラン50」が52万5000円。
前者はバナー広告の表示回数(インプレッション)2000万未満を希望する広告主向け、後者はそれ以上のインプレッションを希望する広告主向け。

いずれもVCMネットワークの媒体費が別途31万5000円からかかる。

とのことでした。
CTR最適化まで行ってくれることが、非常に付加価値で、
そのCTR最適化のアドネットワークも提携しているのが非常に素敵だなと思いました。

下記は、参照記事になります。

NIKKOら、バナー広告の最適化ソリューション「勝ちバナー」を提供 – CNET Japan

NIKKOとGMOクリエイターズネットワークは6月7日、バナー広告の最適化ソリューション「勝ちバナー」の提供を開始した。

 勝ちバナーは、少ない工数でバナー広告の最適化を図るサービス。GMOクリエイターズネットワークが運営するクリエイター登録サイト「WEBの達人」に登録しているクリエイターがバナー広告を30から60本ほど制作し、NIKKOのネットワーク型広告「VCMネットワーク」を用いて、さまざまメディア、時間帯にランダムに配信する。 その後、露出効果の高いバナーを自動選別して優先的に掲載することを繰り返すことでバナーが淘汰され、クリック率の高いバナーが掲載できる仕組みだ。

 バナー広告の制作本数により、2通りのプランを用意。バナー30本制作の「プラン30」が31万5000円、バナー60本制作の「プラン50」が52万5000円の基本料金で利用できる。

多様なバナーを制作、効果を競わせる「勝ちバナー」、GMOが開始:NETMarketing Online(日経ネットマーケティング)

 1つの商品について多種多様なバナー広告を制作して無作為に配信し、効果の高いバナーを調べて絞り込んでいくサービス「勝ちバナー」を、GMOインターネットグループのNIKKOとGMOクリエイターズネットワークが立ち上げた。両社が2010年6月7日に発表した。
 GMOクリエイターズネットワークのWebデザイナー登録サイト「WEBの達人」の参加者が、広告主の商品などに合わせて30―60種類のバナー広告を制作する。出来上がったバナーは、NIKKOの広告ネットワーク「VCMネットワーク」から複数のサイトへ無作為に配信する。続いて一定期間内に露出効果の高かったバナーを自動選別して優先的に掲載することを繰り返し、バナーの淘汰を進めて効率を高める。またバナー別にクリック率(CTR)検証結果をレポートにまとめる。
 基本料金はバナー30本を制作する「プラン30」が31万5000円、同60本を制作する「プラン50」が52万5000円。前者はバナー広告の表示回数(インプレッション)2000万未満を希望する広告主向け、後者はそれ以上のインプレッションを希望する広告主向け。いずれもVCMネットワークの媒体費が別途31万5000円からかかる。
 なおVCMネットワークでの配信が終了した後も、作成したバナー広告はほかの媒体に再出稿可能だが、その場合はGMOインターネットグループからの貸与という形式になる。
■関連情報
・NIKKOのWebサイト http://www.koukoku.jp/
・GMOクリエイターズネットワークのWebサイト http://www.gmo-cn.jp/

タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

Facebook、新しい広告ターゲティング技術で特許を出願

Facebook、新しい広告ターゲティング技術で特許を出願 – CNET Japan

これは非常にびっくりしたニュースだったの共有します。

これは興味深い。Facebookは10月上旬、広告ターゲティング技術に磨きをかける特許を出願した。これはFacebookユーザーの友人が興味を示す可能性のある事柄に基づいて広告を行うというものだ。この手法を用いる理由は、Facebookのプロフィールに十分な情報を記載していないユーザーに対し、通常のターゲット広告より的確な広告配信が可能になるということらしい。

 Facebookはこの2次ターゲティングを「推論的」と呼んでいる。

 「ソーシャルネットワークの会員はプロフィールに、興味のあることその他の個人情報を何もかも記載したりしないことが多い」と、特許出願書類には書かれている。「その結果、ソーシャルネットワークの全会員を対象に、プロフィールに基づく広告ターゲティングを実行できないのが普通だ。つまり、これまでの広告ターゲティング技術では、到達させたいソーシャルネットワークの会員のうち一部に対してしか配信できないという限界がある」という。

 もちろん、誰かの友人というだけで同じ興味を持っているということにはならない。しかし、Facebookの友人のうちで同じことに興味を持つ人の割合がかなり多ければ、当人もそうかもしれないと仮定してよさそうだ。特許出願書類は、推論ターゲティング広告にどの程度の比重をかけるかを広告主が選択できる可能性を示唆している。

 「例えば広告主は、ある会員が持つコネクションの25%以上が2次の推論ターゲティングの基準を満たすか、少なくとも3つのコネクションがメインのターゲティング基準を満たすか、もしくは両方を組み合わせた条件により、ある広告がその会員の興味をひくかどうかを判断できる」と、特許出願書類に記されている。「この広告ターゲティング手法では、会員のコネクションに重みを付けるなどの方法で、各コネクションに対する好感度その他の親密さの度合いを考慮に入れることができる」という。

とのことでした。

以前、個人のブログでも執筆したことがあるのですが、
Facebook広告はIMPでの購入も可能な数少ないアドネットワークです。

この様な、IMP購入の場合はCTRが高ければ高いほど、
1クリック単価が安くなるためバナー制作の需要とCTR最適化の需要も増えていいなと思いました。

(編集:永上)

タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

バナー最適化配信サービス「iogous(イオゴス)」が大幅バージョンアップ

バナー最適化配信サービス「iogous(イオゴス)」が大幅バージョンアップ
~クリックデータに加え、コンバージョンデータに基づいた最適化配信が可能に~

本日発表されたプレスリリースです。

以下、プレス内容です。

今回のバージョンアップでは、「iogous」本来の、クリックデータに基づいた最適化配信に加え、コンバージョンデータに基づいた最適化配信を行う機能を追加しました。コンバージョンが出たバナーを配信中に判定し、そのバナーの形質をデザイン要素にフィードバックして配信することで、クリック率に加えコンバージョン率の向上が期待できるようになりました。

また、対応可能なバナーサイズが従来の2サイズから、5サイズ(350×240ピクセル、120×240ピクセル、468×60ピクセルが追加)に大幅に増加し、より多くの広告枠への配信対応が可能となりました。

また、バージョンアップに伴い、株式会社サイバーエージェントが提供する広告効果検証システムCAMP(CyberAgent Marketing Platform) (*2)とシステム連携も完了しました。CAMPを既に導入している企業であれば、新たにタグを設置することなく、クリックデータを用いた最適化配信に加えて、「iogous」の新機能であるコンバージョンデータを利用した最適化配信をご利用いただくことが可能です。

Fringe81では、今後も「iogous」の機能強化を行い、さらにバナー広告配信効果が期待できるクライアントにとって有益なサービスを提供いたします。

(*1)『iogous(イオゴス)』とは http://www.iogous.com/

Fringe81株式会社が独自開発した「クリエイティブ・オプティマイゼーション(統計解析を用いたデザイン要素や文言の自動最適化)」技術を利用したプラットフォームです。キャッチコピー、メインビジュアル、ロゴなど、膨大なデータの蓄積・学習により、広告効果を向上させるバナー広告を自動生成・配信します。

(*2)「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」とは http://www.ca-mp.jp/

直感的に分かりやすいインターフェイスで広告効果を可視化し、企業の広告効果向上を支援するシステムです。 お客様のインターネット広告の高速PDCAを実現し、ROI最大化のサポートをいたします。

コンバージョンデータに基づいた最適化配信を行う機能ということで、
今後はバナークリック率であるCTRと別にCVR要素も加わるようですね。

アドワーズやオーバーチュアなどでも、コンバージョン機能はありますが、
その他のアドネットワークでもこの広告最適化アルゴリズムが加わることで、
今後はもっと広告最適化文化が日本のWeb広告業界に広まっていけばいいなと思いました。

(編集:永上)

タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

GROUP CREATEとは?

【クリエイターの方へ】
新着案件が発生した際にメールにてご連絡いたします!登録は
job-banner@hotcocoa.biz まで空メールをお待ちしております!

クリエイターの皆様に決まったテーマに対してバナーデザインを
投稿して頂き、各バナーのクリック率を運営事務局がテストします。
上位のバナーには採用バナー数に応じてamazonギフト券をプレゼント!
更に、あなたのバナーが企業に正式採用されちゃうこともあります!
◆GROUP CREATEのクリエイター賞金について
1位・・・amazonギフト券10000円分
2位・・・amazonギフト券5000円分
3位・・・amazonギフト券3000円分
#4位以降は案件により報酬が発生します。
【バナー制作希望の方】
バナー大量生成によりCTR2倍!
ECサイト(ネットショップ)様向け!バナー(パーツ)画像の新規作成/画像修正・加工を格安で承ります!
募集中の案件を探そう